ホットヨガ比較サイト~ご参考に~

TOP > ホットヨガについて > ホットヨガは筋肉がほぐれやすい環境

ホットヨガは筋肉がほぐれやすい環境

体を動かすのに特に季節はありません。
1年を通して自由に動かせます。
ただ、季節によって動かしにくい時と動かしやすい時があります。
動かしにくいのは冬など寒い時です。
筋肉などが温まっていないので、無理に動かすとけがをすることがあります。
夏場など温かい時期だと、普段の生活で筋肉が温まっているので、けがもしにくくなります。
これはヨガをするときも同じです。
冬場に寒いところで行えば、無理に体を動かすことになるのでけがをします。
関節や筋肉を傷める場合もあります。
ホットヨガのいいところは、温かい環境で行うことです。
室温は30度以上のことが多く、湿度もそれなりにあるのでとにかく汗をかきます。
冬場でも温かいのですぐに体をほぐすことができます。
筋肉や関節を動かしやすいので、けがをすることなくヨガをすることができます。



ホットヨガには何を持って行く必要があるか

自宅で何かをするときには特に用意するものはありません。
ただ、何らかの教室に通うのであれば、そこまで何かを持って行かないといけない場合があります。
同じ教室でも中身が異なるので、一応は講師などに何を持って行くのが良いか確認すると良いでしょう。
ホットヨガの教室に通うとき、何を持って行く必要があるかです。
まず着替えが必要です。
汗だくになるので、同じ服装で教室まで行ってヨガをするのは無理です。
動きやすいウェアでよいでしょう。
そして汗を拭くためのタオルを用意します。
汗を良くかくなら大きめのものを持って行きます。
大事なのが水分です。
教室によっては用意してくれているところもあります。
一つのコースで500ミリから1リットルぐらい飲むので、多めに持っておくと良いでしょう。
ペットボトルだとぬるくなるので、ステンレスボトルなどを用意すれば冷たいまま水分補給ができます。



ホットヨガ前に食事をした方がいいのか

ウエイトトレーニングをするとき、たんぱく質をいつ摂取するかによって筋肉の付き方が異なると言われます。
体を動かす前に栄養を取っておくのがいいのか、控えた方が良いのかがあります。
トレーニングに関係のないところで影響することもあります。
ホットヨガの場合、トレーニングとは少し異なります。
ですから、行う前にたんぱく質を摂取するなどは特に必要ありません。
では事前に食事をするのが良いかどうかです。
会社帰りに利用するとき、先に食事をした方がいいのか、後の方が良いのかです。
温かい環境で適度に体を動かします。
その時に、胃に何かがある状態だと気持ち悪くなることがあります。
ですから、がっつり食べていくのはよくないでしょう。
ただ、おなかがすきすぎて集中できないのも困ります。
おなかがすいているなら、バナナぐらいを食べて行うと良いでしょう。

次の記事へ
ページトップへ